突然現れる脳の病

woman

脳梗塞は誰もが知る病の一つですが、予防する為に出来る事を中々実践されていない方が多いのが現状です。しかしこの病は発症してからでは取り返しが付かない誰が発症してもおかしくは無い病ですので日常的に予防策を立てておくべきです。

詳細を確認する...

血流がなくなると

man and woman

脳梗塞は脳浮腫との戦いにもなってきます。幸いにも命をつなぎとめた時にはものを飲み込む力が弱まって胃ろうを作る人も多くいます。最近は尊厳死との絡みもあり日ごろからこのような状態になった時に、胃ろうを作るか作らないか話し合っておくことも大切です。

詳細を確認する...

脳の病気は何があるのか

woman

脳梗塞は脳へと血液を送る血管が詰まることで発症する病気です。青天の霹靂のように突然起こるのが特徴で、夏と朝方に起こりやすいとも言われています。主な原因は高血圧や高脂血症で、手足のしびれや呂律が回らないなどの初期症状があります。最近ではt-PA静脈注射療法が画期的治療法として注目されています。

詳細を確認する...

慢性的な高血圧の怖さ

死や重度の後遺症の恐れ

Doctor

慢性的に高血圧であっても、日常生活に支障をきたすことはないという人も多くいることでしょう。しかし、慢性的な高血圧は、重い病気の原因となりますから、いち早く改善すべきです。例えば、脳梗塞です。脳梗塞は脳の組織が壊死してしまう病気であり、死ぬことがある病気です。死ななくても、重度の後遺症が高い確率で残ります。脳梗塞は、血管が塞がれ、脳に血液が流れなくなることで発症します。そして、血管が塞がってしまう原因の1つが、血管の弾力がなくなったり、沈着物等で血管が狭くなる動脈硬化です。動脈硬化は年齢を重ねるごとに進行する傾向にあるのですが、慢性的な高血圧ですと、進行具合は速くなります。このように、慢性的に高血圧ですと脳梗塞を発症するリスクが高くなりますから、現在は平気であっても、直ちに改善しなければならないのです。

発症したら一目散に病院へ

ただ、高血圧の改善に努めたからといっても、すぐに改善できるわけではないのです。仮に、高血圧は改善できても、動脈硬化は、かなり進行してしまっている可能性はあります。そうなると、脳梗塞発症のリスクは、依然として高いということです。もし、脳梗塞を発症してしまったら、直ちに治療を受けましょう。4時間半以内に治療を開始すれば、後遺症も残らない可能性があります。4時間半というのは、発症した時点からカウントされた時間です。病院に行く時間は含まれていませんから、その点も注意すべきです。脳梗塞の症状は、片手足、顔半分の麻痺、しびれ、言語障害、視力障害等があります。ですから、これらの症状を感じたら、一目散に病院に直行する必要があります。